« タイ米の思い出 | トップページ | 「らき☆すた」 »

2008年4月 8日 (火)

雑記

さいきん、
NHK中国語講座にでているローラ・チャンさんが
むちゃくちゃ可愛いなあ、と思うトーマです(>_<)

・・・
中国がらみの話題がつづきますが、
北京オリンピックの聖火リレー、各地で荒れていますねえ。。

たしかにチベットの問題には胸が痛むのですが、
だからといって聖火リレーの妨害して、
どれほどの意味があるんだろう、と
ちょっと違和感を感じてしまったりします。。

とはいえ、
フランスをはじめとしたヨーロッパの人たちは
やっぱり人権にたいする意識が高いんだなあ、
とも感じる。

隣りの国で起こっていることなのに、
ちっとも興味をもたない日本人と、
どちらが問題なんでしょうかね。

・・今日のところは、こんなもんで(^^;;

« タイ米の思い出 | トップページ | 「らき☆すた」 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

“人権”って、どういうものでしょうね?
「人としての権利」と言えば簡潔に説明できるけど、そもそもどの時点で“人間”として認めるかという、哲学的な問題が根底にある以上、難しい話なんだなぁと思います。

ちなみに、「人間みな平等」が信条の私ですが、五悪(殺人,強姦,強盗,放火,?←あと一つ何だったっけf(-o-;))を犯した輩は人間として見ていません。
どんなに言っていることが正しくても、力によってねじ伏せようとする連中は、虚無主義者と同レベルのこの世のクズ。治安維持のために弾圧してもいいと思っています。平和であってこその言論の自由ですから。
ただ、自分達の保身のために弾圧しているいくつかの国々も、存在価値は無いと思いますが(-.-)

ペパーミントさん、こんばんは(^^)

チベット問題は、中国政府がきびしい報道管制をしいているために、我々にはチベットでなにが起こっているのか、ほんとうには全くわからないというところが大きな問題だと思います。
民族・歴史などさまざまな立場によって正義というのもたくさんあると思うし、誰が正しいのかというのも一概には言えないと思いますが、やはり大きな軍事力をもった一部の権力者が自分の立場のために少数民族を弾圧するのだとしたら、それは決して正しいことだとは思えません。
同じく中国の周辺国である日本にとっても、決して他人事ではないのですけどね。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/20026779

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記:

« タイ米の思い出 | トップページ | 「らき☆すた」 »