« 舎人ライナー | トップページ | 見沼代親水公園 »

2008年4月22日 (火)

光市事件判決について

山口県光市の母子殺害事件。

長い長い裁判のはて、
今日ようやく死刑の判決がくだりました。

死刑制度の是非というのは、
ほんとうに難しい問題だと思うし、
僕も軽々しいことは決して言えないのですが、
この事件に関して、
弁護団が死刑判決を避けるためにとってきた
さまざまな策というのは、
どう考えても異常なものでしたし、
今回、死刑という結論をくだした司法の態度は
評価されていいと思います。

人間性のまったく感じられない凶悪事件が
ますます増えている今日この頃、
原告の本村さんがおっしゃっていた
「(今回の判決が)
死刑という制度がなくなってもいいような
世の中になるにはどうしたらいいのか、
皆が考えていくきっかけになってくれればいい。」
という言葉を、僕たちも重く受け止め、
考えていかなくてはいけないなあ、と思いました。

« 舎人ライナー | トップページ | 見沼代親水公園 »

時論・暴論」カテゴリの記事

コメント

日本は、何故か判例に縛られる傾向があるので、このような妥当な判決が出たのは喜ばしいこと。ただし、やっと感はあるけども。

今回は、最高裁が「甘過ぎる」と高裁に差し戻しての審判なので、どんなに悪あがきしようが確定したも同然!これからは、この判決を元にどんどん極悪人共を公開処断し(以下略)。

欲言わば、刑法11条と39条および少年法を廃止し、13階段や電気イスなんて甘っちょろい方法でなく、ギロチン,ハチの巣,削ぎ落とし,(以下自粛)p(-.-)q

ペパーミントさん、こんばんは(^^)

法律とは世の中を良くしていく為にあるものであり、司法はその法律をきちんと守っていく為に存在する以上、凶悪事件をおこしたから即ち極刑、というのは短絡的なのかもしれませんが、さいきん司法が政治家などの圧力に屈している印象を感じるニュースが多いなか、司法が事案をきちんと判断して下したと感じられる今回の判決は、たしかに妥当で喜ばしいものだと思います。
ただできることならば、若者たちが極刑になるのが怖いから犯罪を起こさない、というのではなく、犯罪を犯すのは悪いことだから犯さないのだ、という当たり前の判断をできる世の中になっていってほしいものです。

確かに。
「極刑が嫌だから悪いことをしない」と思わせるネガティブな治安維持では、とても先進国なんていえません。「犯罪は人間としてやってはならないこと」と小さい時から教育する、ポジティブな治安維持でなければ。(だからといって極刑維持論者であることには変わりありません)

そういえば、国民を守るべき自衛官が大罪をやらかしましたね。これって、自衛隊自らが存在価値を否定したも同じかと。
さっさと、あのマロ大臣他ヤバい制服組&軍服組を引きずり下ろして、完全なるハト派のシビリアンコントロールを期待したいものです。

ペパーミントさん、こんばんは(^^)

残念ながら今の日本は先進国などと威張れるような知的レベルには無いと思いますし、極刑を維持するのも今の状態では仕方ないことだと僕も思います。。
自衛隊の問題は、話しはじめると長くなってしまいそうなので、また次の機会にお話ししたいと思います(^^;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/20483634

この記事へのトラックバック一覧です: 光市事件判決について:

« 舎人ライナー | トップページ | 見沼代親水公園 »