« 「靖国 YASUKUNI」 | トップページ | 神戸に出発 »

2008年5月28日 (水)

最近のニュースから

この頃、狂ったように野球を観ていて、
野球観戦以外なにもしてない、
と言っても過言ではない(笑)という状況なので、
正直こちらのブログに書くことがありません(^^;;

あんまり更新さぼっているのもなんなので、
最近のニュースで感じたことなど、ぱらぱらと。。

●三菱UFJ銀行システム障害(5/12)

コンピュータシステムの統合作業後、
コンビニATMで約2万件の障害がでたというニュース。

最近このテのニュースにも驚かなくなってしまったのですが、
はっきり言って、いまの日本の金融システムは
かなりヤバイことになっている気がします。

システムの中心となる基幹系には「メインフレーム」と呼ばれる
大昔のコンピュータシステムが未だに使われていて、
その周り、例えば今回問題になった
コンビニシステムとの連携といったところには、
「Webシステム」と呼ばれる新しいシステムを
継ぎはぎしながら、無理矢理もたせているあたり、
人工臓器で延命されている末期ガン患者のような印象さえ感じます。

怖ろしいのは、銀行の経営陣が
目先の利益のことばかり考えていて、
危機感をもっているとは思えないところです。

三菱UFJの畔柳社長は
「システム統合は、神のみぞ知る、というところがある。」
とコメントしたそうですが、
もはやコンピュータシステムなくして一日も動かない
日本の経済界、10年後にはどうなっているのかと思うと、
背筋が寒くなります。

●宇宙基本法が成立(5/21)

人工衛星など宇宙空間での開発の軍事利用に道を開く
宇宙基本法が自民・民主・公明などの賛成多数により
成立したというニュース。

ミサイル防衛システムなどが合法的につくれるように
なるかもしれないというというこの法律、
憲法9条に触れるかもしれないのも勿論ですが、
この法律が成立したことで、
また防衛費と称して莫大な予算が
使われることになるであろう、というのは明らかでしょうに、
民主党が、ろくに議論もしないまま賛成したというのは
納得がいかないものを感じます。

いま、民主党は
ガソリン税の問題や後期高齢者医療制度の問題などで、
無駄に予算を使わせないなどといって、
政府と対立姿勢を強めている訳ですが、これではしょせん、
選挙のためのパフォーマンスにすぎないのではないか、
と思ってしまいます。

「宇宙」という言葉にはとてもロマンを感じますが、
こんな胡散くさい話しで宇宙を汚さないでほしいものです。

・・・
思ったより長くなってしまったので、
今日のところはこのへんで。。

« 「靖国 YASUKUNI」 | トップページ | 神戸に出発 »

時論・暴論」カテゴリの記事

コメント

あの大臣の存在、何と詫びていいものやらm(_ _;)m

我々若者は、この大臣にちっとも期待などしていませんが、選挙の際の主力である老齢層が…鉄道や道路の近代化などを達成した元県知事かつ元自治大臣である、彼の父親の亡霊を未だに見ているのか、夢みるだけ無駄な期待を持って送り出している状況。日本一人口が少ない反面、老齢層が人口に占める比率が日本一である以上、「農協が危ない!」とデマでもいいから、誰か実力のある政治家が言わない限り、悲しいかな受かり続ける可能性は大。

いざ戦争になってしまったとき、第一番に攻められて上陸される可能性があるのに、この県民には解らないのでしょうか?

長文、失礼致しました。

ペパーミントさん、こんばんは(^^)

石破さんですかー(^^;;
宇宙基本法の件はべつに石破さんのせいではないと思いますが、先日のイージス艦衝突事故の対応などを見ていても、結局のところ防衛官僚たちは、リベラルな発言をしたりする石破さんを隠れ蓑にして、あいかわらずやりたい放題やってるんじゃないかなあ、という気は正直してしまいますね(^^;;
・・でも、ほんとうに戦争になってしまったら、危ないのは鳥取にかぎらないことなので、まずそういうことにならない為にはどうしたらいいのか、を考えなくてはいけないのだと思います。

それはあるでしょうね。
前の上司にしろ今の上司にしろ、防衛官僚のボンボン達と思想的な仲違いは無いようなので、操ろうと思えばいとも簡単に実行できる状態なんでしょう。

ただ、大臣はそれなりの策略家。“目の上のたんこぶ”だった人間の一派を周りの要職から消して足場を固めているはず。操っているはずの官僚達が操られているのに気づいた頃には、日本はどうなっているやら…。

自衛隊が守るべきものは国家ではなく人民であり、戦争ではなく天変地異のときに必要な軍隊…平和主義者故のこの考えは、間違っているのかなぁ?と時折考えてしまう、今日この頃の儂。

ペパーミントさん、こんばんは(^^)

四川大地震の救援に自衛隊を派遣するという話しもありますね。もちろん災害で苦しんでいる人のために自衛隊が役に立てば、とても良いことだとは思いますが、やはり自衛隊は本質的には軍隊であり、軍隊というのは「戦争=正当化された殺人行為」を行う為の組織であるというのは、残念ですが紛れもないことですね。。
日本を軍国主義の国にしようとする人たちが政府や官僚のなかにたくさんいるのは確かですが、でもそうではない人も日本にはたくさんいるので、あまり悲観ばかりせず、日本を良い方向にもっていけることを期待したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/21226656

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のニュースから:

« 「靖国 YASUKUNI」 | トップページ | 神戸に出発 »