« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月21日 (土)

「隠し砦の三悪人」

Dscf0001 もうだいぶたってしまいましたが、
日曜は、銀座にも行って、
映画「隠し砦の三悪人」を観てきました。

この手のリメイク物には、
あんまり期待してはいけないというのは
重々承知していたのですが、でも
有名な、馬で追いかけっこするシーンとか、
もうちょっと迫力あってもいいのになあ、
と感じました(^^;;

とはいうものの、
わかりきったストーリーで、
期待を裏切らない展開は
やっぱり楽しめました(^^)

・・・
ところでこの日は、
日劇で「インディ・ジョーンズ」の
先行上映がやっていたようで、
映画館の前は長蛇の列ができていました。

こちらも、あまり期待しちゃいけない
とは思っているのですが、
やっぱり観にいっちゃうんだろうな。。

続きを読む "「隠し砦の三悪人」" »

2008年6月17日 (火)

秋葉原通り魔事件で思うこと

一昨日の日曜、秋葉原に行って
献花台で手をあわせてきました。

事件のあった日は
たまたま野暮用があって行けなかったのですが、
日曜日は昼間に秋葉原・神田あたりをぶらついてから
神宮に向かうことが多いトーマ、
ほんとうに身近に感じるし、
背筋がゾッとするような事件でした。

一昨日も、献花台には
たくさんの人が訪れていましたが、
同じように感じた人は多かったのでしょうね。

・・・
事件の容疑者が、派遣社員として
非人間的な扱いをうけていたことが
事件の原因であるとか、そうではないとか
そういう議論があります。

もちろん、
職場でどのような目にあったとしても、
あんな卑劣きわまりない犯罪を
おこしてよい言い訳になるはずもないのですが、
未来に希望ももてずに、
ただ単純労働のなかで心を病んでいく若い人が、
日本中で増えているのだとしたら、
また同じような悲劇が起きてしまうのではないか、
と恐れを感じます。

・・・
そんななか、先日、損保ジャパンから
派遣業者向け損害保険が発売されたという
ニュースを聞きました。

事件のこともあって、
興味深く内容をみたのですが、その保険内容のなかに、
「派遣労働者が、派遣先で顧客に暴言を吐くなどして
 名誉毀損で訴えられた場合、派遣元の業者が
 損害賠償を受けることができる」
という条項がありました。

ああ、実際にこういう事例が多いのだな、
とも感じましたが、それよりも、
この保険を考えた人も、派遣を行っている企業も、
ほんとうに労働者を、
人でなく道具としてしか見ていないのだな、
ということを強く感じました。

・・・
パレスチナでは、幼い少女が自ら爆弾を抱えて、
イスラエル人居住区に自爆テロを仕掛ける、
という、あまりにも痛ましい事件が起きています。

家族を殺され、希望をなくした子供たちは、
原理主義者たちに言われるがまま憎しみをたぎらせ、
自ら望んで凶行におよんでいくのだそうです。

これからの日本の若い人たちが、
このようになっていくのだとしたら、
あまりにも悲しいことです。

政治も企業も、そして我々一人一人も、
人らしく生きるとはどういうことなのか、を
真剣に考え直すべき、
そういう時期に来ているのかもしれません。

続きを読む "秋葉原通り魔事件で思うこと" »

2008年6月14日 (土)

宮城の地震

たいへんな事件や災害が、こう次々と起こると、
なんだか不安な気持ちになってしまいますね。。

とはいえ、
まだ行方不明者の安否が
気遣われるところではありますが、
これだけ大きな地震で、
亡くなった方が3人だけですんでいるというのは、
不幸中の幸いではあると思います。

被害がこれ以上大きくならないよう
お祈りしたいと思います。

2008年6月 8日 (日)

神戸追記

昨日は、車に乗って茨城県にある
ひたちなか市民球場という所に野球観戦に行ってきました。

ほんとうは朝早くに出発して、あちこち寄り道し、
このブログに様子を載せようと思ったのですが、
朝いまいち体調がすぐれずに
時間ぎりぎりまで様子をみていたので、
けっきょく行って野球観て帰ってきただけでした(^^;;

・・・
という訳で(←なにが?)
先週の神戸の話しをもう少し引っ張るんですけど、
神戸の人たちは、13年前の阪神大震災のことがあって、
地震についての意識はとても強いようで、
街のあちこちで、
震災の被害を伝えるモニュメントのようなものを
見かけたりしました。

観光地のメリケン波止場では、
震災で崩れてしまった護岸を保存してありました。

2

かなりの迫力です(*_*)

野球を観にいったスカイマークスタジアムでも、
四川大地震の被害者を救援するための募金活動など
さかんにやっていて、
トーマも100円だけですが募金してきましたよ(^^;;

2008年6月 6日 (金)

神戸の温泉について

神戸の街を歩いていると、けっこう「~温泉」という
看板を掲げた銭湯を見かけます。

あんまり神戸で温泉ってイメージないですけど、
考えてみれば六甲山をはさんで有名な有馬温泉にも近いですし、
温泉が湧いていても不思議はないのですね。

で、神戸市内の温泉銭湯。

多くは六甲山麓あたりで湧いた温泉を汲んできて
沸かしなおしたお湯のようですが、
なかにはその場で湧いている源泉掛け流しの天然温泉もあります。

今回の神戸旅行では、そんな天然温泉の銭湯のなかから、
2つの温泉に入ってきました(^^)

・・・
まずは、神戸高速・新開地駅とJR・兵庫駅の間くらいにある
あさひ温泉。

024

ちょっとぬめっとした肌ざわりのするアルカリ性単純泉で、
お肌がきれいになりそうです。

・・・
続いて、阪神線・大石駅と阪急線・六甲駅の間くらいにある
灘温泉・水道筋店。

015

こちらは、すこし黄色がかったお湯でちょっぴり鉄くさく、
有馬温泉の「金の湯」を薄めたような感じのお湯ですが、
体に良さそうな感じがします。

これだけ本格的な温泉に入れて、
どちらも東京の銭湯より安い380円とはお得ですね(^^)

・・・
ところで、
灘温泉の前でこの写真を撮っていたら、
入り口の前で涼んでいたお婆さんが話しかけてきて
「立派なカメラですねえ、取材のお仕事ですか?」と仰るので、
「いえいえ、趣味なんでして(^^;;」と答えたら、
「この間テレビでなあ、ミャンマーで亡くなった長井さんを悼んで
 八十八ヶ所めぐりをされてるカメラマンさんの話ししてましたなあ。」
などと言われ、
「いやいやいや、僕はそんな立派なものではないんでして・・」と
すっかり恐縮してしまいましたが(^^;;、
神戸の下町の人って、気さくで人情味があるなあと感じました。。

東京も、ちょっと昔はこんな感じだった気もするのですが・・

ちなみにトーマのデジカメは
十数年前に買ったもので、見かけはゴツいですが、
性能は近ごろの携帯カメラに劣るとも勝りません(笑)

続きを読む "神戸の温泉について" »

2008年6月 4日 (水)

神戸グルメ

神戸の話しを少し引っ張ります(^^;;

・・・
三宮の駅から北野に向かって坂を上る途中の
鉄板焼き屋さん「多田」で食べた
「神戸牛ステーキそばめし」(1300円也)。

002 神戸名物が2ついっぺんに食べられてお得です(^^)

味もボリュームもお値段のわりにはぜんぜん悪くなくて、
ほんとに美味しく大満足でした(^^)

・・・
灘の酒蔵でお土産に買ってきた
「沢の鶴・原酒」(720ml・1000円也)。

Dscf0002 酒蔵でつくりたてのヤツを試飲させてもらったときは、
ほんのりシャンパンのような刺激を舌に感じましたが、
家に帰ってきてから飲んでみると、
ぜんぜん舌触りとかは変わってました。。(^^;;

それでも、
近ごろ流行りの女の子向けの日本酒のような
甘ったるい感じではなくて、
しっかり昔の日本酒の味がして、
それでいてすごく飲みやすく、
さすが「ここでしか買えない限定のお酒」と
自慢するだけはあります☆

029 ・・・
帰りの新幹線のなかで食べた駅弁
「神戸牛ステーキ弁当」(1200円也)。

鉄板焼き屋さんで目の前で焼いてもらった
お肉とは較べられませんが、
それでもたいへん美味しく、
神戸旅行の余韻を楽しむことができました(^^)

2008年6月 1日 (日)

新神戸にて

今日は、野球のほうはボロ負けしてしまって残念でしたが、いいお天気になって、たくさん神戸観光も楽しめたし、良かったです(^o^)

030

これから新幹線に乗って帰ります。残念ながらN700系は満席で今回も乗れず(*_*)

メリケン波止場にて

018

藤原紀香さんと誰やったか(笑)が結婚式あげた生田神社にお参りし、旧居留地、南京町などを歩いて海辺まできました。

022

すっかり暑くなったので潮風が心地よいです(^^;)

旅2日目

017

快晴です☆

昨夜は久々にヤクルトが快勝ということで大騒ぎでした(^^;)今日はデーゲームなので、午前中に神戸市内観光して、昼にはまた球場に向かいます。

まずは、早起きして北野異人館街を散策。NHKのドラマも懐かしい「風見鶏館」前にやってきました。

二日酔いの体に坂がきついです(*_*)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »