« 青春18・静岡の旅2 | トップページ | 日帰り鹿島・銚子の旅1 »

2008年12月18日 (木)

青春18・静岡の旅3

最終回(笑)です。

歴史の教科書にものっている登呂遺跡は、弥生時代の大規模な稲作の遺跡です。

Photo

いまはちょうど整備工事の真っ最中ということで、博物館も建替え中だし、遺跡の一角に竪穴式住居と高床式倉庫が数棟復元されている以外は、ブルドーザーであちこち掘り返していたり殺風景でしたが、2000年前の世界に思いをはせてきました。

3年後には、遺跡全体で弥生時代の暮らしを再現する公園になるということなので、その頃にまた再訪してみたいものです。

・・・

再びエスパルスのバスに乗って、静岡市内に戻ります。

まだ時間も早かったので、帰る前に駿府城跡を見学していくことにしました。

Photo_2

徳川家康が晩年に居城とした駿府城、二ノ丸の東御門が復元されていて、内部を見学することができます。

トーマは、復元されたばかりの頃にも1度来たことがあるので2度目の見学でしたが、門ひとつだけでもこれだけ大きいのに、お城全体ではどれだけデカかったのかな、とあらためて思いました。

・・・

お城の見学が終わると、日も傾いてきました。

JR静岡駅までぶらぶらと歩き、名物の黒ハンペンとビールを買いこんでから、また鈍行列車に乗って帰途につきました。

« 青春18・静岡の旅2 | トップページ | 日帰り鹿島・銚子の旅1 »

旅行記」カテゴリの記事

コメント

帰途につかれた列車は、18きっぷ初級者向指南書にもオススメされている、静岡発東京行338Mでしょうか?

あの乗り得列車も来年3月までらしいです…リクライニングシートの乗換無をもう経験できなくなるのか…(v_v)

ペパーミントさん、こんばんは(^^)

その列車は、19時半くらいに静岡を出る列車でしょうか。だいぶ前に乗ったことがありますけど、今回はもっと早い時間に帰りました。
来年3月のダイヤ改正では、ブルートレインは無くなってしまうし大垣夜行も臨時列車になってしまうし、寂しいですね。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/26296909

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18・静岡の旅3:

« 青春18・静岡の旅2 | トップページ | 日帰り鹿島・銚子の旅1 »