« ド○モダケ | トップページ | 謹賀新年 »

2008年12月31日 (水)

「K-20 怪人二十面相・伝」

今年最後の更新は、映画の記事です。

月曜に銀座に行って、観てきました。

K20

架空の都市「帝都」を舞台に、金城武扮する主人公のサーカス団員が、無実の罪を晴らすために、名探偵・明智小五郎らとともに怪人二十面相に対決を挑んでいく、というお話。

正直言うと、下らない映画なのかなあと、あんまり期待してなかったんですけど、予想外にアクションが凄く、ストーリーも恋あり笑いあり、お約束のドンデン返しありと、かなり面白かったです。

金城武のどんくさい演技も、役柄にはまっていて、いい味だしてました(笑)。

大人も子供も楽しめる映画だと思いますので、お正月に観る映画を迷っているという方には、ぜひおすすめしたいです☆

« ド○モダケ | トップページ | 謹賀新年 »

書評・映評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/26673160

この記事へのトラックバック一覧です: 「K-20 怪人二十面相・伝」:

« ド○モダケ | トップページ | 謹賀新年 »