« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月17日 (火)

今日の寒緋桜

すっかり真冬に逆戻りしてしまったような寒さでしたが、錦糸公園の寒緋桜はすっかり満開です。

Photo

これから寒い日が続くようなので、しばらくは散らないかな。。

2009年2月16日 (月)

梅の花

昼休み、亀戸天神の梅を見にいってきました。

Photo

週末の暖かさで、すっかり満開になっているかと思いきや、そうでもなくて、5分咲きといったところでした(^^;;

でも、白梅・紅梅・ピンク色のシダレ梅など、さまざまな色の梅の花に心がなごみました。

Photo_2

社会の景気のほうも、春が近づいているといいのですが・・

2009年2月15日 (日)

チョコパン・米パン

チョコレート食べたいけど、恥ずかしくて買いづらい・・

そんな、オジサンには辛い季節がやっと終わった今日、さっそくチョコレートのパンを買ってきました。

Photo

美味しかったです。。

決して、チョコひとつももらえなかったのが寂しくて買ってきた、とかではありません。

・・・

さて、もうひとつ右側に写っているパンは、お米の粉を使ってつくった米粉パンです。

おむすびの形をしているのはご愛敬(^^;;

中には、高菜をマヨネーズで和えた具が入っています。

小麦粉の値上げの影響もあるのでしょうか、さいきん米粉のパン、よく見かけるようになりましたね。

普通の小麦粉のパンと較べると、ちょっとモチモチとした食感で、人によって好き嫌いはあるかもしれませんが、僕は嫌いじゃないです。

いまのところ、こういう和風の惣菜パンしか食べたことないですが、餡パンなんかにしてもイケそうな気がする。

日本の食料自給率をあげるためにも、米粉のパン、もっと普及してもいいかなと思います。

2009年2月13日 (金)

豚マン

そういえば、今年は13日の金曜日が3回もあるのですね。(2月・3月・11月)

でも、トーマは仏教徒なので問題ありません。(←なにがだ?)

・・・

さて、今夜の夜食はブタさんの顔をした豚マン。

Photo

頭からかぶりつくと、けっこう可哀想な感じです(^^;;

2009年2月11日 (水)

「チェ・39歳別れの手紙」

チェ2部作の後編を観てきました。

Photo

キューバ革命に成功した後、キューバでの大臣の地位を捨て、南米ボリビアのゲリラ活動に身を投じ、失敗して処刑されるまでのチェ・ゲバラを描いています。

前編と同様にドキュメンタリー映画を観ているような淡々とした映像が続きますが、キューバ革命に成功するまでを描いた前編とは違って、理想を追いもとめるあまりに大国アメリカともソ連とも対立し、次第に破滅へと追いつめられていく姿に胸が痛みます。

僕自身、革命の英雄として偶像化されたり、キューバ危機を呼んだ危険な軍国主義者といった、つくられたゲバラ像しか今まで知らなかったのですが、この2部作を観てかなりイメージが変わったように思います。

もちろん、あくまでも武装闘争にこだわったゲバラが絶対に正しかったとは思わないのですけど、理想の世界をつくるために信念を貫きとおしたゲバラに、現代の人も学ぶべきところは多いのではないか、と感じました。

・・・

ところで、この映画を観た所の向かいの映画館で、ちょうど実写版「ヤッターマン」の試写会がやっていて、けっこう気になってしまいました。

・・とくに、深田恭子さん扮するドロンジョ様がどんな感じなのか、気になる(*_*)

2009年2月 9日 (月)

寒緋桜

このところ、ちょっと暖かい日が続いたせいか、錦糸公園の寒緋桜がもう咲き始めました。

Photo

去年よりもだいぶ早いです。

春が待ち遠しくなりますね。

2009年2月 5日 (木)

サラダマリネ

本日をもちまして、トーマは41歳の春を迎え、バカボンのパパと同い年になりました。

・・・

まあそれもどうでもいいのですが(笑)、マクドナルドの朝の新メニュー「サラダマリネマフィン」(セットで430円也)を食べてきました。

Photo

なんだかんだいってもハンバーガーなんだから、それなりにお肉系なものも入っているのだろうなあ、と思っていましたが、ベーコンとスライスチーズが1切れずつ以外は、ほんとに野菜ばっかりでした。

でも、玉ネギを甘酸っぱい味で煮込んだの(←これが「マリネ」なのか?)はなかなか美味だった。

お酒を飲みすぎてしまった翌朝でも、美味しく食べられそうですね(^^)

2009年2月 1日 (日)

「チェ・28歳の革命」

♪ゲっバラ 焼肉のターレ

・・なんていうギャグが、むかし流行ったような流行らなかったような。。

まあそれはどうでもいいのですが、革命家チェ・ゲバラの半生を描いた2部作の前編にあたるこの映画。

金曜(30日)で上映終わってしまうということなので、慌てて仕事の帰りに観にいってきました。

Photo

けっして、面白い!っていう感じの映画ではないですが、ゲバラをむやみに美化するのではなく、戦争の厳しい現実のなかで理想を失うまいと葛藤するゲバラの姿を淡々と描いていて、迫力がありました。

後編観てきたら、また感想書きたいと思います。

・・・

それはそうと、テレビのCMで、おすぎが「ゲバラをTシャツでしか知らない世代の人にも観てほしい」とか言ってましたけど、いまの若い人はゲバラのTシャツなんて知らないですよねえ。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »