« 寒緋桜 | トップページ | 豚マン »

2009年2月11日 (水)

「チェ・39歳別れの手紙」

チェ2部作の後編を観てきました。

Photo

キューバ革命に成功した後、キューバでの大臣の地位を捨て、南米ボリビアのゲリラ活動に身を投じ、失敗して処刑されるまでのチェ・ゲバラを描いています。

前編と同様にドキュメンタリー映画を観ているような淡々とした映像が続きますが、キューバ革命に成功するまでを描いた前編とは違って、理想を追いもとめるあまりに大国アメリカともソ連とも対立し、次第に破滅へと追いつめられていく姿に胸が痛みます。

僕自身、革命の英雄として偶像化されたり、キューバ危機を呼んだ危険な軍国主義者といった、つくられたゲバラ像しか今まで知らなかったのですが、この2部作を観てかなりイメージが変わったように思います。

もちろん、あくまでも武装闘争にこだわったゲバラが絶対に正しかったとは思わないのですけど、理想の世界をつくるために信念を貫きとおしたゲバラに、現代の人も学ぶべきところは多いのではないか、と感じました。

・・・

ところで、この映画を観た所の向かいの映画館で、ちょうど実写版「ヤッターマン」の試写会がやっていて、けっこう気になってしまいました。

・・とくに、深田恭子さん扮するドロンジョ様がどんな感じなのか、気になる(*_*)

« 寒緋桜 | トップページ | 豚マン »

書評・映評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/27997956

この記事へのトラックバック一覧です: 「チェ・39歳別れの手紙」:

« 寒緋桜 | トップページ | 豚マン »