« 南総グルメドライブ | トップページ | 「GOEMON」 »

2009年5月12日 (火)

小沢代表辞任について

民主党の小沢代表の辞任について、自民党議員の人たちは「説明責任をはたさず、無責任だ」と判でおしたようにコメントしていましたが、それでは、どのようにすれば説明責任をはたしたことになるのだろう?と疑問に思いました。

いまの日本の政党政治は、企業からの献金なくしてはあり得ません。企業も、それなりの見返りを期待するからこそ献金するのでしょう。

そもそも、献金を受けた団体がトンネル会社だったかどうかで話しが180度変わるというような仕組みがおかしいのです。こういう体質は自民党も民主党も変わらないでしょう。

大企業と政党、官僚がなれあって政治をすすめていくかぎり、国が良くなっていくことはないというのは明白なのに、1つの事件で世論が左右されるというのは、国民みんながムードに流されている部分もあるのではないでしょうか。

小沢さんが辞めるか辞めないか、麻生さんが漢字読めるか読めないか、などという目先のことだけでなく、これからどういう政治が行われれば日本は良くなっていくのか、それをしっかりと考えて、次の選挙には臨みたいものです。

« 南総グルメドライブ | トップページ | 「GOEMON」 »

時論・暴論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/29577566

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢代表辞任について:

« 南総グルメドライブ | トップページ | 「GOEMON」 »