« 鳩山総務相辞任について | トップページ | 「ターミネーター4」 »

2009年6月22日 (月)

セブンイレブンへの排除命令

公正取引委員会というと、さいきんではすっかり、大企業に尻尾を振る犬みたいなもので、なんの役にもたたない組織かと思っていましたが、今日のセブンイレブンに対する措置は立派だったと思います。

消費期限が近づいた弁当などを加盟店が値引きして売る「見切り販売」を、セブンイレブン本部が圧力を加えて制限していたのは独占禁止法違反にあたる、とした今回の措置。

食べられるものを捨ててしまうのは勿体ない、というのも勿論なのですが、ブランドイメージを守るために値引き販売等を制限し、その為におこるリスクは全て現場である加盟店に負わせる、というセブンイレブン本部のやり方はたいへん腹立たしいものです。(もちろんセブンイレブンだけでなく、他のコンビニも同様でしょうが・・)

セブンイレブン本部は、「見切り販売は、価格競争を招き、消費者の利便性を損なう」と主張しているようですが、そんなこと言うなら、消費期限過ぎた商品はすべて本部が有償で引き取るようにすればよいのです。

これからの時代、もはや大企業が儲かれば社会が安定する、などということはありません。実際に販売をする小売店、商品の生産者、そして消費者がみんな生き残っていけるような方法を考えなくてはいけない状況になっていると思います。その為には、大企業のエゴを許してはいけないと思います。

« 鳩山総務相辞任について | トップページ | 「ターミネーター4」 »

時論・暴論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/30233561

この記事へのトラックバック一覧です: セブンイレブンへの排除命令:

« 鳩山総務相辞任について | トップページ | 「ターミネーター4」 »