« 「トランスフォーマー・リベンジ」 | トップページ | 日帰り栃木ドライブその1 »

2009年7月13日 (月)

都議会選について

民主党の圧勝となった今回の都議会選。

選挙期間中、自民党の候補者たちは「都議会選は地方選挙であって、国政選挙の前哨戦などではない」ということを繰り返し主張していました。それは、まったくその通りだと思います。

しかし、今まで自民党が支えてきた石原都政は、新銀行東京の問題・オリンピック招致・築地市場移転の問題など、弱者を無視し、大企業の都合だけを考えた政治を行ってきました。そのことだけをとっても、今回の選挙結果は当然のことだと思います。

とはいえ、国政における自公政権への批判が今回の選挙結果につながっているというのは、紛れもないことでしょう。

僕がすこし気になるのは、今回、民主だけが圧勝し、共産・社民・市民ネットといったその他の野党には厳しい結果が出ているということです。

今回の選挙では、自公政権への批判ということを形に表すために、共産党や社民党の支持者の人も敢えて民主党に投票した、という部分もあったのだろうと思います。

これから遠くない時期に国政選挙が行われることになるでしょうが、民主党の人たちには、今回の都議会選の結果が、すなわち国民みんなが民主を支持している、というようなものではないのだ、と肝に銘じてほしいものです。

« 「トランスフォーマー・リベンジ」 | トップページ | 日帰り栃木ドライブその1 »

時論・暴論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/30531805

この記事へのトラックバック一覧です: 都議会選について:

« 「トランスフォーマー・リベンジ」 | トップページ | 日帰り栃木ドライブその1 »