« 「黄金の都シカン」 | トップページ | 渋谷・金王祭り »

2009年8月22日 (土)

衆院選まで1週間

ようやくだなあ。。というのが正直な感想の今回の選挙。

思えば4年前、「郵政民営化が唯一の争点」であったはずの選挙で圧勝した自公政権は、それからさまざまな暴政をおこなってきました。その結果、いまの日本は外交にしろ経済にしろボロボロです。そんな状況をつくってきた自民党が、いまになってキレイゴトを並べたて「責任力」とか言ってるのは、実にチャンチャラおかしい。自公政権には「責任」をとって退場してもらうのが当然です。

今回の選挙の後、おそらく民主党を中心とした政権ができるのでしょう。

もちろん政権交代したからといって、それで全てが良くなるなどとは考えてはいけないのだとは思います。とくに民主党は、保守から革新まで様々な考えをもった人たちの寄り合い所帯。政権をとった後は、きっと仲間割れをおこして揉めたりするのでしょう。

でも、それでもいいんだと思います。

今回の選挙をきっかけとして、国民みんなが、日本の政治は自民党にまかせておけばいいんだ、という考えを捨て、民主党が悪い政治を行えば民主党にも退場してもらう、我々が政治を選んでいくのだ、という気概を持てればよいのです。

誇りをもって、来週の投票に臨みましょう。

« 「黄金の都シカン」 | トップページ | 渋谷・金王祭り »

時論・暴論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/31057327

この記事へのトラックバック一覧です: 衆院選まで1週間:

« 「黄金の都シカン」 | トップページ | 渋谷・金王祭り »