« 「カムイ外伝」 | トップページ | 名古屋遠征補足その2 »

2009年10月26日 (月)

名古屋遠征補足その1

10月17日から19日までの2泊3日、プロ野球クライマックスシリーズの中日vsヤクルトの試合を観戦するため、名古屋に遠征してきましたが、ここでは野球と関係ない話をさせていただこうと思います。

名古屋までの往路は「鉄道の日記念きっぷ」を使って、JRの各駅停車を乗り継いでいったのですが、お昼ご飯は久しぶりで、浜松駅の「うなぎ弁当」をゲットすることができました(^^)

Photo

赤ワインで蒸したというウナギ蒲焼をのせたお弁当、久しぶりで食べましたがやっぱり美味しかったです。

・・・

遠征2日目の日曜日、昼間は暇だったもので記念キップの残り1枚を使い、伊勢湾を1周する日帰り旅をすることに。

まずは名古屋から東海道線を豊橋まで戻り、ローカル私鉄の豊橋鉄道に乗換えて渥美半島をめざします。

Photo_2

豊橋鉄道には、15年ほど前にも1度乗ったことがあるのですが、その頃は豊鉄オリジナルの車両が走っていたように思いますが、今は東急電鉄のお古の車両なのですね。でも、のんびりとした田園風景の車窓は昔と変わらず、終点の三河田原まで約30分、ゆったりと旅気分を味わいました。

三河田原から路線バスに乗換え、渥美半島の先端・伊良湖岬に向かいました。

お昼ご飯にはまだ早い時間でしたが、なんだかお腹が空いてしまい、道の駅「クリスタルポルト」内にある食堂で、ご飯を食べることに。

Photo_3

「伊良湖ラーメン」(700円也)と「焼き大アサリ」(2個400円也)。

ラーメン自体は、なんということはない普通の醤油ラーメンでしたが、地元で採れたという海藻がたっぷりとのっていて磯の香りがしました。

「大アサリ」というのは、伊良湖の名物で、ほんとうはウチムラサキという貝でアサリとは違う種類なのだそうですが、味はアサリとそっくりで、大きさはハマグリよりもデカく、けっこう見た目はインパクトがあります。貝殻ごとお醤油をたらして焼いた大アサリは、とても香ばしくて、ビールが欲しくなってしまいました・・(^^;;

この話し、しばらく続けます(^^;;

« 「カムイ外伝」 | トップページ | 名古屋遠征補足その2 »

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/31953860

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋遠征補足その1:

« 「カムイ外伝」 | トップページ | 名古屋遠征補足その2 »