« 日帰り水郡線の旅その1 | トップページ | カート »

2009年12月17日 (木)

日帰り水郡線の旅その2

郡山からは磐越東線に乗り換えて、いわきに向かいます。

磐越東線には、2年ほど前にもいちど乗ったことがあって、今回で2度目の乗車です。

Photo

こんどはお馴染みのキハ110系ですね。

・・・

郡山駅で買った駅弁をひろげ、ちょっと遅めの昼食にしました。

Photo_2

「会津地鶏めし」(950円也)。

期待した鶏肉はちょっとしか入ってなくて寂しい感じでしたが、付け合せの山菜やコンニャクが素朴な味で美味しく、いかにも駅弁らしい駅弁でした。

・・・

郡山からいわきまで1時間半ほど。食事が終わってウトウトしているうちに、あっという間に着いてしまいました。

ここからはまた常磐線に乗って帰途につきますが、まだ時間も早いので、途中、湯本駅で途中下車して温泉に入っていくことにしました。

Photo_3

駅のすぐ近くにある「みゆきの湯」。ここの温泉に入るのも2年ぶりでしたが、やっぱりいいお湯で、いい旅の締めくくりになりました。

« 日帰り水郡線の旅その1 | トップページ | カート »

旅行記」カテゴリの記事

コメント

日帰りというわけにはいきませんが、寒いのを覚悟で北陸方面をお薦めします。

理由は…何となく解るでしょう。愛しきボロ車達にできるだけ乗って、偉大な列車を拝み倒してきて下さい。
春のシーズン前には、恐ろしい事になりますので。

ペパーミントさん

春には北陸で車両の入れかえがあるのですか?・・時代の流れなので仕方が無いとはいえ、寂しいことですね。。
今年は、お正月休みあまりとれないので、長い旅行はできませんが、北陸に行ってみようかなあ。。

もし無茶が可能でしたらば、首都圏には北陸方面の往復フリーきっぷ(←確か23000円くらい。確保できれば個室B寝台ソロに乗れる!)があるはずなんで、『北陸』と『能登』に乗ってあげて別れを告げてやって下さい。
流石に、そのきっぷで御奉行様みたく個室A寝台シングルデラックスには乗れませんが。

ペパーミントさん、おはようございます(^^)

「北陸」「能登」号が廃止ですかー(*_*)
寝台特急の「北陸」には乗ったことがありませんが、急行の「能登」には、若い頃の貧乏旅行で何度もお世話になったことがあります。
青春の1ページがまたなくなってしまうようで、寂しいですね。。
今回は青春18しか使えないので、乗車はできませんが、せめて駅でお別れを告げたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/32645646

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り水郡線の旅その2:

« 日帰り水郡線の旅その1 | トップページ | カート »