« 青春18飯田線の旅その4 | トップページ | 「カールじいさんの空飛ぶ家」 »

2010年1月24日 (日)

東京オートサロン2010

今年は行くのやめようかなあ、などと思いつつも年中行事になっていて、つい毎年行ってしまうこのイベント。先週の日曜、17日に今年もやっぱり行ってきました。

昨年秋のモーターショーがすごく寂しい感じだったので、オートサロンも盛り上がってないんだろうなあと思っていたのですが、お天気が良かったせいもあるのか、たいへんな人出で賑わっていました。

・・・

入り口をはいって会場案内を見てまずビックリしたのは、僕が好きなマツダが今年は出展してないということ。

親会社のフォードが業績不振というようなこともあるのかもしれませんが、こういうイベントで存在感を見せてくれないと心配になります。

トヨタが新型のFT86をベースにしたチューニングカーを出展するなど気合いをいれていただけに残念です。

・・・

出展されていたたくさんのカスタムカーのなかで、気になったのはこの車。

Photo_2

僕の愛車でもあるNA型のロードスターを、450万円ほどで昔のクラシックカーのような外見に改造してくれるというのですが、そうでなくてもパワーの足りないNAロードスターを車重を重くして見た目だけ変えてもなあ、という気もします。。(^^;;

・・・

会場内をまわっていて感じたのは、今年は、走りの性能を重視した車と、見た目を綺麗にした車や、内装(乗り心地)を重視した車などがバランスよく出展されていたなあ、ということです。

やはり人が車に求めるものというのは様々だと思うので、いろいろな観点から車を改造するコンセプトを見せてくれるというのは良いことだと思います。

一時期、大きなRV車などをヒップホップ調というんでしょうか、クリスマスツリーみたいな電球で飾り立てるような車ばかり出展されていた頃よりはずいぶん良くなったなあと思います。

・・・

あと、けっこう目立っていたのが、スポーツカーの車体にアニメの美少女キャラの絵をびっしりと書き込んでいる車。

Photo_3

「痛車(いたしゃ)」っていうらしいですけど、この車に乗って街を走るのは恥ずかしいですね。。(^^;;

・・・

最後に、オートサロンといえばどうしても気になってしまうのがコンパニオンのお姉さん。

Photo

今年は、昨年にも増して露出度は低目だったように思いますが、綺麗で華やかなコンパニオンさんに微笑いかけてもらえると、やっぱり楽しい気持ちになりますね(^^)

« 青春18飯田線の旅その4 | トップページ | 「カールじいさんの空飛ぶ家」 »

歴史・文化」カテゴリの記事

コメント

その程度ならば、まだマシな方の“痛車”だと思いますよ。
なんとなく、美少女イラストが黄色の塗装に馴染んでいますし。(「リリカルなのは」かぁ…φ(. .;)m)
世の中、もっとイタいクルマが走っていますから。

ちなみに、鉄道撮影地にも、別な意味で“痛車”がいたりします。
昨年秋の『みまさかスローライフ』の際に、かなりイタいクルマがいたなぁ…(^_^;)

ペパーミントさん、こんばんは(^^)

この程度ならマシな方なんですね(^^;;
それなりに格式のあるイベントに、本当に痛い車は出展できない、とかもあるんですかね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/33112969

この記事へのトラックバック一覧です: 東京オートサロン2010:

« 青春18飯田線の旅その4 | トップページ | 「カールじいさんの空飛ぶ家」 »