« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月 5日 (月)

紀州旅グルメその2

旅の2日目、串本の駅前にあった回転寿司屋さんでお昼ご飯にしました。

Photo

写真は、南紀名物のメハリ寿司(左側)と勝浦港であがったというマグロ。

メハリ寿司というのは、酢飯を高菜で包んだ郷土料理で、本当は食べるときに目を見開いてしまうくらい大きく作るところからこの名がついたそうですが、回転寿司では可愛い一口サイズ(^^;; でも美味しかったです。

南紀では有名な高級魚のクエというお魚のお寿司がありました。1カン300円とかなりのお値段で迷いましたが、クエを食べたことがないのもあってどうにも気になってしまい食べてみました。(慌てて食べてしまい、写真撮るのは忘れました(^^;;)クエは、白身で淡白な味ですが、しっかり脂がのっている感じで、お寿司とか生で食べるより鍋とかのほうが美味しいのかな、とも感じました。

この他、イカ・タコ・太刀魚など10カンばかり、ビールも飲んでお会計は2,000円足らずと、かなりリーズナブルで大満足でした(^^)

・・・

新宮の速玉神社の境内のお土産屋さんで「三宝柑」という果物が売っていたのですが、5個入りの袋が500円で、ちょっと一人では食べきれないなあと思い買わなかったのですが、駅に戻る途中でふと立ち寄ったスーパーで、傷物の三宝柑が3個100円で売っていて、思わず買ってしまいました。

Photo_2

新宮から津に向かう列車のなかでさっそく賞味。

夏みかんのようなグレープフルーツのような、どこかトロピカルな感じのする味でした。

この三宝柑、皮がとても厚くてしっかりしているので、さいきん南紀地方では、三宝柑の皮を器にして茶碗蒸しを作ったりもするそうです。それも美味しそうですね。

・・・

三重の湯の山温泉で、立ち寄り温泉施設内の食堂で食べた「鈴鹿豚のトンテキ定食」(1,200円也)。

Photo_3

さいきん、地方の入浴施設とか道の駅とかで、地元のブランド豚を使ったお料理をよく見かけますが、気合い入れて料理するせいとかもあるのかもしれませんが、下手な牛肉料理より美味しいし、お値段安いから嬉しいですね。こちらのトンテキもたいへん美味しかったです(^^)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »