« 紀州旅グルメその2 | トップページ | 信越・初夏の旅その1 »

2010年5月 6日 (木)

「第9地区」

日曜日に渋谷の映画館に観にいったのですが、連休真っ只中というのに、お客さん20人くらいしかいないガラガラぶりでビックリしました。

・・・

さて、この映画。

Photo

南アフリカはヨハネスブルグの上空に巨大なUFOが現れ、それに乗っていた何百万人もの醜悪なエイリアンが難民としてスラム地区に収容されるという突飛な設定のなか、エイリアンを強制移住させる仕事に従事する平凡な主人公が、エイリアンに変身するウィルスに感染してしまい国から追われることに。やがてエイリアンの子供などと交流をもつうちに、エイリアンを弾圧する白人の傭兵軍や黒人のギャング団との戦いに駆り立てられていく、というお話。

ストーリーだけだと、先日大ヒットした「アバター」と似ているようですが、「アバター」が綺麗なおとぎ話だったのに対し、こちらは露骨なまでにアパルトヘイトなどの人種差別を連想させるリアルな映像。

前半のドキュメンタリーのような作りに対し、後半がただのドタバタアクションになってしまうのが残念、というような批評もあるようですが、僕はそうではないと思います。

人種差別の問題にふだん向き合うことのあまりない日本人には理解が難しいところではありますが、前半のドキュメンタリー的な部分というのは、後半のアクション部分を引き出す為のブラックジョークなのだと思います。

差別主義者も差別に反対する人たちも敢えて笑い飛ばし、家族への愛情や、たとえエイリアンであっても子供を助けたい、と思うような純粋な感情だけが正しい、としたうえで、主人公の行動に意味をもたせていく。本来、アクション映画とはそういうものでよいのでしょう。(いささか、どぎついジョークだとは思いますが・・)

あまり観終わったあとの後味はよくないですが、大人向きのスパイスのきいたアクション映画が好き、という方にはおすすめできる佳作だと思います。

« 紀州旅グルメその2 | トップページ | 信越・初夏の旅その1 »

書評・映評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/34560278

この記事へのトラックバック一覧です: 「第9地区」:

« 紀州旅グルメその2 | トップページ | 信越・初夏の旅その1 »