« 山陰山陽の旅補足・グルメ編1 | トップページ | 謹賀新年 »

2010年8月23日 (月)

山陰山陽の旅補足・グルメ編2

下関に泊まった夜、居酒屋さんで食べたフク唐揚げ定食(下関ではフグのことを「フク」といいます)はあんまり美味しくなかったので、ここではご紹介しません。

まあ、夏はフグの旬ではないし、名物料理が出せないという訳にはいかないので・・という部分もあるでしょうから、仕方ないのかなとは思います。

その点、舌の肥えた地元の人が食べる駅ソバ屋さんのフグが意外と美味しかったりするのですね。

Photo

翌朝に、下関駅で食べた「フク天うどん」(470円也)、たいへん美味しかったです。

もっとも、このフグは有名なトラフグではなくて、一年中獲れて地元の人がよく食べる、小ぶりな「サバフグ」という種類のフグだそうです。

・・・

この日の昼ご飯は、広島駅の駅弁「夫婦(めおと)あなごめし」(1000円也)。

Photo_2

小ぶりながら、アナゴがまるごと2匹入っています。

若い夫婦のアナゴを並べて食べてしまうなんてちょっと残酷な気もしますが(笑)、ふっくらと柔らかい舌触りで、たいへん美味しかったです。

・・・

最後に、この日の晩ご飯、岡山駅の駅弁「祭り寿司」(1000円也)。

Photo_3

桃太郎にちなんで桃の形をした器に、キビナゴ・サワラ・シャコなど、いかにも瀬戸内海らしい食材がたくさん入って、なんとも賑やかで楽しい散らし寿司でした。

« 山陰山陽の旅補足・グルメ編1 | トップページ | 謹賀新年 »

グルメ?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017245/36325520

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰山陽の旅補足・グルメ編2:

« 山陰山陽の旅補足・グルメ編1 | トップページ | 謹賀新年 »