« 2011年3月 | トップページ

2013年7月

2013年7月23日 (火)

参院選を終えて

自公が圧勝することは、わかっていたことだし、べつに悔しいとは思いません。
僕が悔しいのは、投票率が52%という大変に低いものであったことです。

実に、有権者のほぼ2人に1人が棄権している。
こんな有様で、日本は本当に民主主義国家といえるのでしょうか。

僕は、棄権したあなた方に、あえて言いたいです。

棄権することは、白紙委任することです。

もしあなたが
『原発が良いか悪いかといえば、どちらかというと悪いと思うけど、
 自分に被害が及ばないなら、まあいいか』
と思っているとしたら、そして皆も同じように思っているとしたら、
いつの日か、あなたの家の近くで再び過酷な原発事故が起こり、
あなたの家が放射能まみれになってしまった時、誰も助けてはくれないでしょう。

もしあなたが
『改憲が良いか悪いかといえば、どちらかというと悪いと思うけど、
 自分には関係ないから、まあいいか』
と思っているとしたら、そして皆も同じように思っているとしたら、
いつの日か、あなたが強制的に徴兵され、外国で悲惨な戦争に参加させられた時、
或いは、外国の軍隊が侵略してきて、あなたやあなたの家族が暴力に曝された時、
誰も助けてはくれないでしょう。

あなたは棄権することによって、そういう未来を選んでしまったのですよ。

・・・
でも今回の選挙では、希望も見えました。

それは、東京選挙区で脱原発を訴えた山本太郎さん、そして共産党の吉良佳子さんが当選したこと。
そして、惜しくも当選には及ばなかったけれど、緑の党の三宅洋平さんが健闘したこと、などです。

彼らの活躍には、ネットでの呼びかけに応じた、若い無党派層の支持が大きかったといいます。

若い人たちが、自分達の未来を守る為に声をあげていく。
そんな動きが、東京だけでなく、全国の若者達にムーブメントになって拡がっていけば、
自公政権の暴走だって必ず食い止めることができる、僕はそう思います。

憲法第12条には、次のように記されています。
『この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、
 これを保持しなければならない。』

いまの日本の平和と繁栄は、決してあるとき天から降ってきたものではありません。
先輩たちが大変な努力と苦労をして築きあげてきたのです。
僕たちはこの平和と繁栄を、子供達に伝えていく義務がある。
それを忘れてはいけないとは、思いませんか。

« 2011年3月 | トップページ